10月3日 U.S. ARMY M-1948 ライナー付! フィールドパーカー ご紹介

こんにちは、仙台HOWDYです。

10月入りましたが全然暑い日が続きます。
なかなか秋物気分にならないかと思いますが、今週末頃から落ち着き始めるらしいので秋物は今のうちに目星つけておくと焦らないかと思います。

本日はこちら。

40’s U.S. ARMY M-1948 フィールドパーカ

所謂お一つ前にご紹介させて頂いたM-51のモッズパーカーの前身モデルです。

サイズはM。

M-1951との大きな違いはシガーポケットとエポレットが無い点でしょうか。

何よりもこのウールパイルライナーは大変貴重です。

詳細は後ほど。

フロントはTALONジップ。

この手のM51、M65のジャケット/パーカーでも使われる大型ジップは民生品では基本製造していない形で米軍から基本受注、納品されている物が基本なのでジップだけでも価値あります。

シガーポケットに

第二次世界大戦中に統制資材であったブラス(真鍮)が困ることなく使えるようになった1940年後半。

スライダーもブラス。

特にM65 JKTだとアルミジップが映画の影響と球数的な問題の希少と市場価値もございますが
第二次世界大戦中の苦肉の策でアルミがブラス色に塗装されたものも有り
戦争中にはある意味、贅沢な素材であります。

また、センターずらしたオフセットで備わったフロントジップはこのM-48のみ。

フードはコヨーテファー。

環境保全メイン、被服産業が発達して使う意味があまりなくなった今ではなかなか簡単には使えません。

背面。

PARKA SHELL COTTON O.D. M-48

そして問題のウールライナーです。

白のウールライナー。

そして納品会社が。

だいぶ擦れて読みづらいですが”ハシ?タビ製造有限会社”表記のGHQの関係で作られた日本製です。

背面。

裏地に汚れ有り。

ライナー付きでこのコンディションは、出ません。

特にこの数年後にM51に切り替わったのでモデル自体の寿命はとても短命。

数、少ないです。

昨日は私の敬愛するトム・ペティの命日。
骨折や肺気腫患いながらもモルヒネを打ち、最後までライブパフォーマンス続けた最高に男の中の男です。
報道では薬物の過剰摂取としてしかほぼ取り上げられないのが悲しいところ。

恐らく↑で着ているのはストアブランド系のデニムジャケットだと思います。

当時のアーティストからしたら当時のお洋服ですが、今に残る写真から読み取ると全てビンテージですね。

一昨日までトム・ペティくらい髪あるなあと思って、気づいたら丸坊主になってる、そんな感じです。

それでは。

またよろしくお願い致します。

9月21日 51’s U.S. ARMY 最初期型 M-1951 フィールドパーカー フルセット モッズコート 厚手コットンサテン ご紹介

こんにちは、仙台HOWDYです。

モッズパーカーなので改めてモッズについて勉強し直していましたが

https://nagoya.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=8399&item_no=1&attribute_id=17&file_no=1

↑の方の文章を読んで、特に当時の方の話し好きな僕からすると6ページ目のモッズ・リバイバルのイーストロンドン出身の方のことが書かれていて最高に面白いです。
まだまだ勉強不足です。おおまかには言葉が難しくて馬鹿な私には難解です。。。

結局どの時代もリバイバルとして好き者は同じようなことをやっているんだなあと。
消費社会から始まるリバイバルとして、みんな骨董品集めorコレクションをし始めるのですね。

そして、過去に先輩からなぜイギリスで米軍のサープラスが出回ったのか、ということで昔調べたのですが、ヨーロッパの米国空軍(USAFE)の存在かと思います。

https://en.wikipedia.org/wiki/RAF_Burtonwood

1966年からアメリカ陸軍の空軍部隊の補給所として↑のバートンウッドが運営されたことが起因でフランスにあった米軍の物資と装備品も多くイギリスに流入≒放出されたのだと判断しています。
“バートンウッドは、USAF とアメリカ陸軍の装備品と物資を”と記載されている為、陸軍で採用されてたM-51が多く出回った事も納得がいきます。

その為、モッズが仕立てた高価なスーツを汚れから身を守るために当時の答えとしては大量に安価で出回っていたフィールドパーカーを着るという事が最適解だったのかもしれません。

雨でも傘をほぼ持たずにコートで身を守る英国紳士的な精神を踏まえると納得がいきます、

初期モッズは当時の写真からもほとんどM-51を着用しているのでオリジナル意識で言えばM-51、リバイバル意識ではM-65を選びたいところです。

ということで現場からは以上です。

51’s U.S. ARMY 最初期型 M-1951 フィールドパーカー モッズコート 厚手コットンサテン フルセット

M-1951が納入された年の製造年、M-51的に言えば生まれ年の最初期型の厚手コットンサテン生地タイプ。

コットンサテン生地の生地の風合いは最高です。

フードには着脱可能な”コヨーテファー”。

右肘にリペア。

左肩あたりにもリペア。

フロントにはパッチ跡がある為、未使用の状態からのコンディションというよりも実際に使用されていたものかと思います。

TALONのアルミジップ。

もちろん、フルセットなのでライナーも付きます。

この手のパイルライナーだけでもキレイなコンディションの物がなかなか出ないかと思います。

もちろんふわふわです。

1951年5月24日製造。

MIL-P-11013 Q.M.C.

製造メーカーは
DONCHESTER MFG CO

Mediumサイズ。

最初期コットンサテン生地、この後にはコットンポプリン生地、コットン・ナイロンの生地に変わってしまう為に贅沢に着るにはこの最初期が一番かと思います。

着込めば着込むほど生地の風合い増すコットンサテン生地は最高です。

シェルだけの価値ももちろんございますがフルセットでこのコンディションは出回ること極少数である事は間違いございません。

お見逃しのないよう、お願い致します。

ちなみにUKバンドがよく使う”Jimmy”の謎を昔考えていたのですが、ふとした時に映画”さらば青春の光”の主人公の名前だと気づいて頭のモヤモヤ晴れた記憶があります。
意外と単純でした。

それでは。

またよろしくお願い致します。

9月17日 40 ~ 50’s BROWN’S BEACH JACKET ご紹介 オリジナル

こんにちは、仙台HOWDYです。

某ビルの地下、エスカレーターの金属部分に腕が当たって漏電してたのか電撃をこないだ食らってしまいました。
普通に生活していても何があるか分からないですね。。。

昨日人生初の水煮肉片(スイジュウロッペン)食べてきたのでそれで全部結果オーライです。
美味しんぼで見た記憶でしたけど、孤独のグルメだったのかなあ。。。

本日はこちら。

40 ~ 50’s BROWN’S BEACH JACKET

当時のオリジナル、ビーチジャケットです。

元々はマサチューセッツ州、米国の東海岸からブランドの歴史が始まったブラウンズビーチ。

ブランドの設立とライン、東か西ではお洋服の様式は変わるので重要な点です。
その為、合わせるお洋服も東海岸発のブランドのモノにして頂ければ自然と様になるかと思います。
もちろん今の時代だからこそ、自由な着方も楽しめるかと。

サイズはおおそよ40~42程度です。

背面。

ブラウンズビーチの三角タグ。

同時に裏のウールフリースの起毛具合もご確認頂けるかと思います。

袖口周りもいい感じです。

裏地は若干フリースの抜けございますがまだまだ許容範囲内かと思います。

“BROWN’S BEACH CLOTH”

着用画像は

身長165cm,体重52kg

OTOMO FARMさんの食用ほおずきも最高に美味しいので次回販売して頂く際もぜひ。

このタイミングで僕の大好きなアーティストの方もほおずきの画像投稿しててテンション上がりました。もう良い一日です。

それでは。皆さんも良い一日を。

またよろしくお願い致します。

9月13日 30 ~ 40’s U.S. MAIL レザー メールバッグ ご紹介

こんにちは、仙台HOWDYです。

先日店頭にて野菜を販売していただいたOTOMO FARMさんが15日再度行います。

みなさん、よろしくお願い致します。

本日はこちら。

30~40’s U.S. MAIL レザーメールバック

USPSのメールバックです。

日本で言う日本郵便です。

背面。

アメリカ。

フラップは大きく。

中はコットン生地張り。

ベルトの金具部分。

背面の金具は何をつけていたのでしょうか?

非常に流通量は少ないアイテムで50から60年代頃のものは良く出ますがこの年代はほぼ出ません。

市場価値的には50-60年のロゴ、ハチのスタンプがついて紐残り有りだと20万超えです。
今だともっとするのでしょうか?

今あるうちに、ぜひ。

そして先日の海底ケーブルのくだりで思いましたが現代はメタ・フォーク(フォーク)です。

デジタル社会重きでの変化、高速化が求められてる中で分裂、分散を繰り返している訳なので安定して変わらないアナログ思考に戻りたくなりませんでしょうか。
という意味でも価値の保存、市場価値だけでなく歴史と情が詰まったビンテージは最高です。
今には無いもの、先輩から言われた通り人は無い物ねだりですね。
現行品を否定している訳ではなく、それも歴史一部である事とそれぞれに込められた思想と好きな気持に寄るかと思います。

とオーナーに今日着てたボーリングを凄く褒めてもらって馬鹿な僕は調子に乗ってつらつらと書いてます。

このOが特にイイらしいです。僕はA&Wの三段チェーンが気に入っただけなんですけど、オーナーはさすがです。目の付け所が細かく本当に凄いです。

オーナーはまさにI Won’t Back Downです。
ロック≒パンク≒優しさ≒厳しさ
ですね。

僕はBORN TO LOSEです。

いや、そんなにカッコいいものですらない…。

それでは。

またよろしくお願い致します。

9月12日 60’s LEVI’S BIG E 70505 デニムジャケット ご紹介

こんにちは、仙台HOWDYです。

みなさんはデニムジャケットと言えば誰を連想するでしょうか?

THE STROKESメンバーはみんな古着好きなので着用してますが、恐らくジュリアン・カサブランカスが着用しているのはBIG Eタイプですね。

イーグルスのグレン・フライも着てますが肩はAIRBORNE、空挺団のワッペンをつけて肘がすっごい裂けてます。なぜこうなったんだ。。。

改めて着用者見てみると意外といないもんなんですね。

60’s LEVI’S BIG E デニムジャケット サイズおよそ36

ビンテージのLEVIS、70505デニムジャケット。

サイズは36程度。

状態は良いです。

BIG Eタブ。

ケアタグ付く前なので60年代後期頃。

背面も嫌な色落ちも日焼けもございません。

袖口周りもステッチは抜けございますが、この手のチェーンは抜けやすいのでしょうがない部分です。

襟周りもダメージ無く良い状態かと思います。

ストロークスのジュリアンのようにタイト目に着用して頂ければナイスかと思います。

それでは。

またよろしくお願い致します。

9月4日 50 ~ 70’s CAMPUS,U.S. NAVY,カウチン他 ニット・セーター・カーディガン紹介 OTOMO FARMさんの野外販売行っております

こんにちは、仙台HOWDYです。

本日はOTOMO FARMさんが来て頂きまして野菜の販売行っております。

このトマト前に食べたんですが、美味しすぎてびっくりました。

ぜひお時間ある方はどうぞよろしくお願い致します。

最近セーター系の入荷し始めておりますが、

ジャズ・ミュージシャンのセーターの着こなしが最高にクールです。

サイズはジャストめ、大きめサイズに着始めたのはUKパンク以降でしょうか?

昔オーナーから教えて頂いたのですが時は1950年代~、米国でロックが流行り売れなくなってきたジャズミュージシャン達は多く1960、1970年にヨーロッパへ渡り音楽活動を始めたのでした。
恐らく同じくしてフォークもですが。

ということで恐らくその時のイタリア音源、このDon CherryのOm Shanti Om。
The Velvet Undergroundのルー・リードがバンドを始める前にオーネット・コールマンを聞いてロックだと感じたように、↑のアルバムは最高に”ロック”だと思います。というかオーネット・コールマンと1950-1960年代には一緒に活動してました。

話しがお洋服の話しから脱線しすぎました。

ということで本日は秋に向けてセーターのご紹介です。

60 ~ 70’s CAMPUS モールスキン ウール ニット セーター

ビンテージのフロントモールスキン生地タイプのセーターです。

ポケット付きで有り難い。

Vネックセーターは着にくいイメージありますが、当時の写真を見ると普通にTシャツの上から着てるだけのような感じなのであまり気にしなくても様になるかと思います。

60’s U.S. NAVY ゴブセーター

アメリカ海軍のゴブセーター。

水兵を”ゴブ”という事からそのまま名付けられたセーター。

米軍の屈強な男たちが着ていた、そう想像するだけで憧れます。

アイルランド製 Aran Crafts カシミア混 フィッシャーマンセーター

カシミア入の上質なセーターです。

サイズはかなり大きめ。

60 ~ 70’s ハンドメイド カウチン セーター 馬柄

ビンテージカウチンセーター。

お馬さん大好きな人なんでしょうね。ハートは8つ。

C&Cジップ。

女性の乗馬姿の背面柄。

躍動感を感じる良い柄です。

50 ~ 60’s Pennys ウールカーディガン

コレ、なにげに珍しいのが。

袖リブなしです。

リメイクなどでは無く、オリジナルで間違い無いかと思います。

袖リブの締め付けられる感じが嫌な人にとっては最高かと思います。

60’s SEARS ウール モヘア カーディガン

フルジップタイプのウールモヘアセーター。

NYNCO製のジップ。

25%モヘアでジャガード織りの生地。

一週間前にお店のプリンター壊れてしまって新しいモノ用意出来るまでは積極的に更新していこうと思います。

ちなみにインク詰まりでお困りの方はインク外してインク通ってる箇所にエタノール染み込ませた綿棒でしばらく拭いてあげるとだいたいすぐ復活します。※公式では推奨していない方法なので一切保証はしません。
プリンター内臓機能のクリーニングは大量にインク使って廃インクパッドも駄目にし易いので。

それでは、またよろしくお願い致します。

9月3日 60’s リバーシブル ベトナム スーベニアジャケット ご紹介

こんにちは、仙台HOWDYです。

今日(もう終わりますが。。。)明日、仙台Unknownさんにて裏原モノを取り扱っている後輩の子がやってる”COSMIC“のポップアップが行われてます。

フライヤー制作、写真は僕がお手伝いさせて頂きました。(自慢です)
Unknownさん自体がHOWDYから徒歩5分くらいの位置にあるのでお時間ある方はいかがでしょうか。

本日はこちら。

60’s リバーシブル ベトナム スーベニアジャケット

ベトナムのスーベニアジャケットです。

回転式のYKKジップ。

良いドラゴンです

背面はマップ。

B面です。

ベトナムジャケットでリバーシブルってかなり珍しいと思います。

もちろんスカジャンのイメージがあるのでパッと見全く違和感は感じないのですが。

結構汚れが。

ございますが、主にB面なのでそんなに気にならないと言えば、良い言い方でしょうか。

シーズン的にも今時期にはピッタリではないでしょうか?

A面の生地は恐らくですがコットンとポリエステルで割合は65/35くらいかと思います。
イメージ的にはスタプレツイルのような感じと言えば伝わりますでしょうか。
B面は見ての通りのサテン生地。美しいです。

いやー、こないだうちで2年くらい残ってた40’sのホースハイドレザージャケット買って着てるわけですが。
あつい。

昔同じく暑いときに革ジャン買ってすぐ着てウキウキで先輩のお店行ったら”おめー暑苦しいからさっさと脱げ”と一蹴されたのでした。

馬鹿な私は反省知らずです。

もともと40’sの2トーンのウールジャケット買う予定だったんだけどなあ。
ストーンズのファーストを締める前の1時間に流してたら、うん革買おうって思っちゃいました。
“あんたバカァ?”

同業種の先輩に勧められた時にエヴァ全部、旧劇と新劇を飯も食わずノンストップでフルで見た私には死角ナシです。

“わからないことはちっとも恥ずかしいことじゃない。大切なのは根性と努力だっ!”

みなさんもトップを狙って頑張りましょう。

それでは。またよろしくお願い致します。

8月31日 50’s 60’s LEVI’S ショートホーン ギャバジンウエスタンシャツ,他ウエスタンシャツご紹介

こんにちは、仙台HOWDYです。

昨日これ乗っける予定だったんですけどすっかり忘れてたので本日も更新です。

先日マカベさんのHARDCORE関連の展示の際に頂いたので告知させて頂きます。
10月15日、HOWDY向かいのBARTAKEさんにてライブがございます。

フライヤーかっこいい…。

本日はこちら。

50 ~ 60′ LEVI’S ショートホーンタグ ギャバジン ウエスタンシャツ

リーバイスのビンテージギャバジンウエスタンシャツです。

メイン色はブラウン系でかなり細かいレッド×ブルーのボーダー柄。

ドットボタンの石も美しいですね。

ウエスタンヨークのアーチも緩く上品で素敵です。

50 ~ 60’s PILGRIM レーヨンウエスタンヤツ

ピルグリムのレーヨンウエスタン。

丈的にもシャツジャケットっぽく着用しやすいかと思います。

良いバーガンディーカラーです。

トップボタンもオリジナルのベイクボタン。

70~80’s ELY ポリエステル ウエスタンシャツ

アメリカの南北戦争の終わりから10年後ほどに設立された老舗ELYのウエスタンシャツ。

化学繊維なのである程度雑に着ても問題ない楽な一着になるかと。

70 ~ 80’s Rock Mount コットン ウエスタンシャツ

第二次世界大戦終戦の年、街着では当時着にくかったウエスタンシャツをファッションとして着用し易いように作り変えたロックマウント。
言ってしまえば”お洒落”用途で着用する現代ウエスタンシャツのある意味原点かもしれません。

特殊なポケットの形にスクエアボタン。

今ってロックマウント、結構復刻(も最高ですが)の流通数が多すぎて少し古いの探すだけでも一苦労なんですよね。

お店に着た先輩とも話しましたが”あんまこういう生地のやつ無くない?”と言われましたがその通りですね。タグの通りDAN RIVERのファブリック使っているからなのかちょっとドレッシーな感じです。

60’S THOROBRED コットン ウエスタンシャツ

60年代頃のコットンウエスタン。

先程のロックマウントと比べればこっちはどちらかといえば泥臭い”ニール・ヤング系”の雰囲気でしょうか。
泥臭く見えてもとても美しい人です。

織りタグが丸まってしまって上手く撮れず申し訳ございません。

80’s Wrangler ウエスタンシャツ

何気に個人的に好きなラングラーのウエスタンです。

様々な生地で作っている為、何枚か揃えてもいいかもしれません。

羽織りにするのにベストです。

特に普段着用しててウエスタンって料理だとかするとき、ドットボタンなので袖まくりやすくて着やすいんですよね。

それで途中でニール・ヤングについて触れたんですが最近もいろんな意味で話題が耐えないですね。

細かい内容は伏せますが「魂が食われてしまう前にそこを離れろ」って発言自体にワードセンスを感じて余計好きになっちゃいました。

アルバムのHarvestを最近改めて聞き返してHarvestに継ぎ、Heat of Gold聞いてるとやっぱり好きなもの変わらないってとてもステキです。実際この曲作詞してから詞の通り今まで歌っているので”身を捧げて”音楽続けてますもんね。

それでは。

8月30日 Danner Field,U.S. NAVY チャッカブーツ,RED WING ペコスブーツ ご紹介

こんにちは、仙台HOWDYです

秋になると、なぜか元KING CRIMSONのイアン・マクドナルドが聞きたくなるのです。
先日に聞いていてまたイアン・マクドナルドについて調べていたら、今年の2月に他界してしまったようです。
心よりご冥福をお祈りいたします。

この日本盤LPの帯のフォントが最高なんだよな~

本日はブーツのご紹介です。

Danner ダナーフィールド GORE-TEX マウンテンブーツ 27cm

Dannerのダナーフィールドです。

ダナーライトの廉価版モデル。

GORE-TEXの織りタグに型押しされた”Danner”のロゴが映えますね。

ビブラムソールのすり減りもあまりございません。

お次はこちら。

70’s U.S. NAVY ELECTRICAL HAZARD チャッカブーツ 25.5cm程度

アメリカ海軍の電気工事士の方などが着用されていたチャッカブーツ。

安心安全のスチールトゥタイプ。

ELECTRICAL HAZARD

ヒールは新品のビブラムソールに交換済み。

US7 日本相当25から25.5cm。

恐らく1979年4月納品。

NOTガラスレザーなので割れる心配も無く革本来の雰囲気を楽しめるかと思います。

ものによってはヒール部分のレザーの縫込みがダブルで簡略化して製造している官給品も存在しているようですが、こちらはしっかりトリプルステッチ。

トリプルステッチの絶対的安心感は譲れません。。。

80’s RED WING PECOS BOOTS 25.5cm&24cm

レッドウィングの古典的なウエスタンブーツの形であるペコスブーツ。

SSWのBOB DYLANさんもこのタイプのものを着用しています。

ジョニー・キャッシュもかっこいいな~、CWU-27Pのタンカラー?。
スリッポン履いているのが意外すぎますが。

1960年代からこの形愛用しており、茶色も履いているはず、です。
確かデニムに茶色のペコスタイプのモノ履いてる写真あったような。

どちらもプリントタグの80年代のもので25.5cm、24cmのものがそれぞれございます。

二足ともなぜオーナーがこの値段で出したのかよくわからない激安ブライス、かと思います。

そして全然関係無いんですが見つけてしまったものはしょうがない。。。

ジョニーロットン、レタードカーディガン着てたのか…。

経歴的にも、ワッペンの”70″から1970年として計算してみると14歳の時のレタードカーディガンになってしまうので普通に貰い物とかだと思います。

という事で、ジョニーロットン着用のものより古くてすみません。
店頭にビンテージのレタードカーディガンございますのでぜひ。

それでは、またよろしくお願い致します。

6月1日 70’s NIKE LD1000 スニーカー ご紹介 & フリーマーケットありがとうございました!

こんにちは、仙台HOWDYです。

5月の28、29日に行われたフリーマーケットにて出店させて頂きました。

当方イベントの詳細等不明だった状態でしたので突然の告知で申し訳ございませんでした!。

蔵王フラワーさん、仙台ワッツアップさん、(2日目、熱中症気味になって写真撮ること忘れてしまいましたが。。。)Pさん、山形ジャミングさんありがとうございました!

本日はこちら。

70’s NIKE LD1000 スニーカー サイズ26cm相当

1977年発売のLD1000。

こちらの2006年のライトニングさんにも掲載されている名品です。

一番左上からとなりのスターサファイア、家のどこかにあったはず。。。だなあと思いながら。そんなスニーカーも”A”級らしいです。
こういうとアンプ的にはB、C、D級も存在する流れ。
スニーカーでのBCDも気になりますね。
AもCもBもDもそれぞれ良い部分、悪い部分ありますよね。

履き口部分のレザーの硬化も無く柔らかく、最高です。

綺麗です。

若干内側にダメージございますが。

ソールのすり減りは無しといってもいいと思う程度。

というか無いです。

記憶危ういですが、NIKEとスウッシュそれぞれに版権があるためレジスターマークが必要なはずで2つついているはずです。

ロゴ切り替わる1977年まで1つのレジスター。

1978年以降からレジスターマーク2つになり始めたというような記憶が、間違っていたらすみません。

MADE IN JAPAN。

タンのスポンジも生きています。

それでは。

またよろしくお願い致します。