9月21日 51’s U.S. ARMY 最初期型 M-1951 フィールドパーカー フルセット モッズコート 厚手コットンサテン ご紹介

こんにちは、仙台HOWDYです。

モッズパーカーなので改めてモッズについて勉強し直していましたが

https://nagoya.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=8399&item_no=1&attribute_id=17&file_no=1

↑の方の文章を読んで、特に当時の方の話し好きな僕からすると6ページ目のモッズ・リバイバルのイーストロンドン出身の方のことが書かれていて最高に面白いです。
まだまだ勉強不足です。おおまかには言葉が難しくて馬鹿な私には難解です。。。

結局どの時代もリバイバルとして好き者は同じようなことをやっているんだなあと。
消費社会から始まるリバイバルとして、みんな骨董品集めorコレクションをし始めるのですね。

そして、過去に先輩からなぜイギリスで米軍のサープラスが出回ったのか、ということで昔調べたのですが、ヨーロッパの米国空軍(USAFE)の存在かと思います。

https://en.wikipedia.org/wiki/RAF_Burtonwood

1966年からアメリカ陸軍の空軍部隊の補給所として↑のバートンウッドが運営されたことが起因でフランスにあった米軍の物資と装備品も多くイギリスに流入≒放出されたのだと判断しています。
“バートンウッドは、USAF とアメリカ陸軍の装備品と物資を”と記載されている為、陸軍で採用されてたM-51が多く出回った事も納得がいきます。

その為、モッズが仕立てた高価なスーツを汚れから身を守るために当時の答えとしては大量に安価で出回っていたフィールドパーカーを着るという事が最適解だったのかもしれません。

雨でも傘をほぼ持たずにコートで身を守る英国紳士的な精神を踏まえると納得がいきます、

初期モッズは当時の写真からもほとんどM-51を着用しているのでオリジナル意識で言えばM-51、リバイバル意識ではM-65を選びたいところです。

ということで現場からは以上です。

51’s U.S. ARMY 最初期型 M-1951 フィールドパーカー モッズコート 厚手コットンサテン フルセット

M-1951が納入された年の製造年、M-51的に言えば生まれ年の最初期型の厚手コットンサテン生地タイプ。

コットンサテン生地の生地の風合いは最高です。

フードには着脱可能な”コヨーテファー”。

右肘にリペア。

左肩あたりにもリペア。

フロントにはパッチ跡がある為、未使用の状態からのコンディションというよりも実際に使用されていたものかと思います。

TALONのアルミジップ。

もちろん、フルセットなのでライナーも付きます。

この手のパイルライナーだけでもキレイなコンディションの物がなかなか出ないかと思います。

もちろんふわふわです。

1951年5月24日製造。

MIL-P-11013 Q.M.C.

製造メーカーは
DONCHESTER MFG CO

Mediumサイズ。

最初期コットンサテン生地、この後にはコットンポプリン生地、コットン・ナイロンの生地に変わってしまう為に贅沢に着るにはこの最初期が一番かと思います。

着込めば着込むほど生地の風合い増すコットンサテン生地は最高です。

シェルだけの価値ももちろんございますがフルセットでこのコンディションは出回ること極少数である事は間違いございません。

お見逃しのないよう、お願い致します。

ちなみにUKバンドがよく使う”Jimmy”の謎を昔考えていたのですが、ふとした時に映画”さらば青春の光”の主人公の名前だと気づいて頭のモヤモヤ晴れた記憶があります。
意外と単純でした。

それでは。

またよろしくお願い致します。

9月9日 U.S. NAVY GORE-TEX ジャケット ご紹介 AOR2 NWU

こんにちは、仙台HOWDYです。

米空軍の2022年の計画書、PDFで読んでいたのでるが、米軍宇宙軍(USSF)なんてものが存在するんですね。
“U.S. SPACE FORCE”

ネームタグだけでもかっこいいですし、もしつけていたらお洋服好きな人同士の飲みの場でちょっとした小ネタにできます!
する人いないか…

本日はこちら。

米海軍で採用されていたゴアテックスジャケットです。

“US Navy NWU Gore-Tex Parka”

AOR2=アメリカ海軍陸上戦闘部隊

NWU=アメリカ海軍

デジタル迷彩、現代の海底ケーブルを通り
光の速さでインターネット通信が出来るデジタル社会の今だからこそ十二分に楽しめると思います。

オカルトというか、現実なので男のロマンです。

話しが脱線しました。

U.S. NAVY NWU GORE-TEX ジャケット

アメリカ海軍のゴアテックスジャケット。

サイズはMedium-XLong。

かなりのロング丈。Xが付きますからね。紅の証です。

2008年納品。

WILSONさんが着用。

胸ポケットは2つ。

フロント下部にもございます。

USN。

U.S. Navy NWU Gore-Tex Parka “Type 3 AOR2”

サイズはXS-Regular。

米海軍ですが、陸上部隊。

XS、希少サイズです。

2010年納品。

胸ポケット。

USN。

雨の日にもなんでも使いやすく万能です。

それでは。

またよろしくお願い致します。

9月4日 50 ~ 70’s CAMPUS,U.S. NAVY,カウチン他 ニット・セーター・カーディガン紹介 OTOMO FARMさんの野外販売行っております

こんにちは、仙台HOWDYです。

本日はOTOMO FARMさんが来て頂きまして野菜の販売行っております。

このトマト前に食べたんですが、美味しすぎてびっくりました。

ぜひお時間ある方はどうぞよろしくお願い致します。

最近セーター系の入荷し始めておりますが、

ジャズ・ミュージシャンのセーターの着こなしが最高にクールです。

サイズはジャストめ、大きめサイズに着始めたのはUKパンク以降でしょうか?

昔オーナーから教えて頂いたのですが時は1950年代~、米国でロックが流行り売れなくなってきたジャズミュージシャン達は多く1960、1970年にヨーロッパへ渡り音楽活動を始めたのでした。
恐らく同じくしてフォークもですが。

ということで恐らくその時のイタリア音源、このDon CherryのOm Shanti Om。
The Velvet Undergroundのルー・リードがバンドを始める前にオーネット・コールマンを聞いてロックだと感じたように、↑のアルバムは最高に”ロック”だと思います。というかオーネット・コールマンと1950-1960年代には一緒に活動してました。

話しがお洋服の話しから脱線しすぎました。

ということで本日は秋に向けてセーターのご紹介です。

60 ~ 70’s CAMPUS モールスキン ウール ニット セーター

ビンテージのフロントモールスキン生地タイプのセーターです。

ポケット付きで有り難い。

Vネックセーターは着にくいイメージありますが、当時の写真を見ると普通にTシャツの上から着てるだけのような感じなのであまり気にしなくても様になるかと思います。

60’s U.S. NAVY ゴブセーター

アメリカ海軍のゴブセーター。

水兵を”ゴブ”という事からそのまま名付けられたセーター。

米軍の屈強な男たちが着ていた、そう想像するだけで憧れます。

アイルランド製 Aran Crafts カシミア混 フィッシャーマンセーター

カシミア入の上質なセーターです。

サイズはかなり大きめ。

60 ~ 70’s ハンドメイド カウチン セーター 馬柄

ビンテージカウチンセーター。

お馬さん大好きな人なんでしょうね。ハートは8つ。

C&Cジップ。

女性の乗馬姿の背面柄。

躍動感を感じる良い柄です。

50 ~ 60’s Pennys ウールカーディガン

コレ、なにげに珍しいのが。

袖リブなしです。

リメイクなどでは無く、オリジナルで間違い無いかと思います。

袖リブの締め付けられる感じが嫌な人にとっては最高かと思います。

60’s SEARS ウール モヘア カーディガン

フルジップタイプのウールモヘアセーター。

NYNCO製のジップ。

25%モヘアでジャガード織りの生地。

一週間前にお店のプリンター壊れてしまって新しいモノ用意出来るまでは積極的に更新していこうと思います。

ちなみにインク詰まりでお困りの方はインク外してインク通ってる箇所にエタノール染み込ませた綿棒でしばらく拭いてあげるとだいたいすぐ復活します。※公式では推奨していない方法なので一切保証はしません。
プリンター内臓機能のクリーニングは大量にインク使って廃インクパッドも駄目にし易いので。

それでは、またよろしくお願い致します。

1月28日 40’s U.S.A.F. B-15A フライト ジャケット ご紹介 米軍実物

こんにちは、仙台HOWDYです。

最近はTIM HARDINのずっと探していたレコードが手に入ってから、しばらく何も欲が起きない今日このごろです。

英国フォークもイイですが、やっぱり僕の本命は米国フォークです。
ちなみにボブ・ディランの1967年の有名なポスターデザイン、あれってデュシャンの自画像からのオマージュだったらしいですね。

アンディー・ウォーホルが撮影した写真にもデュシャンが居たりレッドツェッペリンのLPのジャケットの中にも隠れていたりと晩年を米国で過ごしていた事から色々なアーティストとの関係もあったんでしょうね。

本日はこちら。

40’s U.S. ARMY AIR FORCE B-15A フライトジャケット

米軍が第二次世界から今に至るまで大規模な軍再編成を経て1941から1942年に確立した部門、U.S.Army Air Forces後の1944年 11月から採用され始めたB-15A。

デュポン社の開発したナイロン生地のおかげで、
産業が発達したほうで言うと良い意味。
産業が発達するのが早すぎたおかげで言えば悪い意味で
製造10ヶ月と短命でありながらコットン製のB-15シリーズとしては最後にあたるモデルです。

オカルト的な意味でも”デュポン社”と名前が言いたいだけなところもあります。

取れているものも多いですが、レザーパッチ付き。

U.S.Army Air Forcesのプリント残りはうっすらと有り。

ジップは交換されておりますが、50-60年代頃のTALON。

リブ含めて袖周りは大きくリペア有り。

ダメージが沢山ございますが、その分オーナーのリペアも入っております。

襟のムートンも若干抜けがありますが、硬化はしておらずまだまだ生きております。

ARNOFF MFG.が製造、納品。

サイズは36。

状態考慮につきかなりお安いPRICEです。
問題なく着用できることを考えると相当お求めやすいかと思います。

それでは。

また明日もどうぞよろしくお願い致します。

1月10日 60’s U.S. NAVY ユーティリティ ジャケット サイズ36R ご紹介

こんにちは、仙台HOWDYです。

成人式を迎えた新成人の方々おめでとうございます!

僕の好きなボブ・ディラン様が21歳になる直前、1stのLPを出した頃です。

1956年、ウディーガスリーが入院して数年後にニューヨークに移り住んだボブ・ディランは元々レコードを聞いてファンだった事からガスリーの病院を知って足繁く通い音楽的アドヴァイスを貰っていたよう。
1967年にニューヨークの病院にて他界したウディーガスリーと、ボブ・ディランのアルバムと発売時期を照らし合わせると音楽的影響はやはり絶大だったことが分かります。

本日は、こちら。

60’s U.S. NAVY ユーティリティ ジャケット 36REG

60年代のアメリカ海軍、ユーティリティジャケットです。

珍しいS相当の36REGサイズ。

コットンサテンならではのシワの出来方も最高ですね。

第909空中給油飛行隊。

1969年納品。

製造はお馴染みの”Alpha Industries”社製。
USAFのワッペンですが、製造会社とかを考えると双方で使用していた可能性?
その辺りは、完全に勉強不足です。
ただ糸を見ると、後付けと考えるのが良いですね。

ジップは真鍮製のSCOVILL。

挿し口もまだまだ良い感じです。

袖口にはリペア。

ボタンは完品、裏地もキレイです。

コットンにはコットンを。

60年代のコットンサテンと60年代頃のイイ感じのカレッジスウェット。

それでは、また明日もよろしくお願い致します。

1月8日 40’s U.S.M.C P-41 HBT トラウザーズ パンツ ご紹介

こんにちは、仙台HOWDYです。

昨晩にJimmy ReedのTシャツにワインこぼしてシミを作ったので戒めの意味を込めて残り一時間の間に流してます。

軽く調べるとジミー・リードと映画”KIDS”の監督で有名なラリー・クラークとの2ショットがありました。
ブルースシンガーと写真家の2ショット。
ていうか撮られたときが1960年代で指を見るとラリー・クラークさん20歳で既に結婚してたんですね。
https://www.icp.org/browse/archive/objects/me-jimmy-reed

ジミー・リードは50-60年代程度に見えるコーデュロイのドンキーコート。
かっこいいですね。
こういう無駄なことに時間を掛けるのが駄目なところです。
でも、無駄が好きじゃなければお洋服も好きにはなれない気もしちゃいます。

本日はこちら。

40’s U.S.M.C P-41 HBT トラウザーズ パンツ W36サイズ相当

アメリカ海兵隊のP-1941ヘリンボーンパンツです。

背面もキレイかと思います。

オフセットベルトループ。

余談ですが、

ベルトループをウエストの生地に入れてわざわざ縫製しているんですね。

というか最初にベルトループをつけてから

補強用の布を追加で内側にわざわざ入れています。

第二次世界大戦中。
物資不足ながらも贅沢に同じヘリンボーン生地を使って見えない箇所に補強として生地を入れる。
縫うのも、ボタンを打ち付ける事も大変だったはずです。

そんな感じで内側にスタンプ入。

この年代も官給品を使い回ししていたと思うので、何度か押されています。

絶妙な円形描いたポケット。

直線で縫うのは比較的、早くミシンで縫えるらしいですがポケットのアーチの描き方だけでも製造数が一日あたりで結構変わるそうな。

磁石が付く鉄製のボタン。錆びて色は銅に見えますが。

当時でも物資不足ということもあり色々混じっているかとは思いますが。

一番下のボタンのみ交換されています。

一部ステッチは飛んでいる箇所ございますが、内側のチェーンステッチが生きているくらいなのでコンディションが良い事はご確認いただけるかと思います。

参照元:https://warfarehistorynetwork.com/2020/04/24/the-few-the-proud-the-black-marines-in-world-war-ii/

上に着用しているのがP-41の上っぽいので、記録で残っているのもでは上記のものが出てきました。

URLの内容読んでいると、あとから写真見て納得しました。

それと写真の1列目。奥の海兵隊さん。
腕落ちちゃってますけど。このあと怒られちゃいましたかね。

それでは、明日もどうぞよろしくお願い致します。

1月7日 60’s STRONG RELIABLE , 50’s KODIAK モンドリアン柄, 40’sUS ARMY M-41 パンツ,80’s U.S. NAVY サービスシューズ 入荷商品紹介

こんにちは、仙台HOWDYです。

初売りムードも終わり街中も落ち着き始めましたね。

寒いのでフォークソング、ウディーガスリーです。

よく見るとロングポイントで襟周りと袖の溜まり方的にはウールとコットンには見えないのでギャバジャンでしょうか?
ちなみにギターに書いてあるフレーズは日本のブランドのGOOD ENOUGHでもサンプリングしたTシャツが90年代のもので出ています。
THE CLASHのジョー・ストラマーはガスリーの”Buffalo Skinners”が特にお好きだったようです。
なんだか歌詞から想像するとアート学校退学後に聞いていたんじゃないかなと考えたり。

どうでもいいことは置いといて、商品紹介に入ります。

60’s STRONG RELIABLE ペインターパンツ W36相当

ノーリペアでコンディションはかなり良好。

SEARSが展開していたワークウェアに特化していたラインです。

バックも嫌な汚れ、ダメージございません。

良いスナップボタンですね。

SCOVILLが作っていたGRIPPER ZIPPER。

50 ~ 60’s KODIAK モンドリアン柄 プルオーバーシャツ

オランダの画家のピエト・モンドリアンの作画モチーフの柄。

KODIAK pullover by CAMPUS

恐らくこの年代だとカタログでは”フリース”のシャツとして売り出されていたと思います。

モンゴメリーワードのカタログでも見るに一昔前だとウールパイルを”フリース”として表記していたようにこの手は当時のフリース扱いになっていそうです。間違えていたらすみません。

165cm 55kg

この手はサイズが小さいので、お恥ずかしながら着画を。。。

80’s U.S. NAVY サービスシューズ ガラスレザー 82年納品 28.5cm相当

米海軍のサービスシューズ。

履き口もあまりダメージ無し。

1982年納品。

INTERNATIONAL SHOE CO.が製造。

フローシェイムなども傘下に置いている大企業です。
日本Wikiなんて存在する訳がないので本家Wikiからご確認頂けます。
https://en.wikipedia.org/wiki/Furniture_Brands_International

ヒールのすり減りも少し。

40’s U.S. ARMY M-1941 メタルボタン チノ トラウザーズ W32~33インチ相当

今なかなか出てこないM-41のメタルボタン、チノトラウザーズです。

状態はかなり良しです。

ボタンもフルで揃っております。

ミルスペックはほぼかすれてしまっていますが、残っているだけでも価値がありますね。

そして先日、うちの近くの高校生のときからお世話になっているつかささんのお店UNKNOWN( https://www.instagram.com/unknownsendai/?hl=ja )さん。
その中にある仙台のTシャツ屋さんniche tee( https://www.instagram.com/niche__tee/?hl=ja )のなべさんとご一緒に東京からいらっしゃったエースケさん( https://www.instagram.com/esqwe/?hl=ja )にお越しいただいてピンズ頂きました!

なべさんにもいつも色々お勉強させて頂いてます。。。

エースケさんは一方的に僕が知っていた方なので嬉しさと緊張が混じり不思議な気持ちになりました。

先日に仙台のMellow Classic( https://www.instagram.com/mellow.classic/?hl=ja )さんで購入した80’s G.B.HのTシャツを着ていたら恥ずかしながらお褒め頂きました。。。

それでは。

また明日もどうぞよろしくお願い致します。

年末の営業のお知らせ 50’s ~ M1951,M65 フィールドジャケット ご紹介

こんにちわ、仙台HOWDYです。

年内の営業に関してですが2021年12月31日までの営業の予定です。
当日今年最終日はオーナー次第で夕方までの営業になる可能性は高いため、お早めにお願い致します。

年始の予定は今の所、未定なのでオーナーから決まり次第追記させていただきます。

本日はこちら。

米軍のM-1951、M65フィールドジャケット。

先日の投稿の最後の合わせで紹介したくなりましたので…

まずはこちらから。

50’s U.S. ARMY M-1951 フィールドジャケット

サイズ表記消えていますが、SMALL-REGULARで間違いないかと思います。

アルミのTALONジップ。

US ARMYにFlaming Sword of Freedom Rainbow。

WWⅡ、ヨーロッパ戦で採用されていた”自由の剣”。

自由を求めて戦い…果たして結果は?

おっと失礼、脱線しましたね。

袖口にはリペア。

エルビスもヨーロッパ派遣時にはM-1951を着用していた様子ですね。

80’s U.S. ARMY M-65 フィールドジャケット SMALL-REGULAR

米軍実物品の1987年納品。

最終の4th型。

この年代のM-65だと主に空軍が採用していたはず。
そのため意外と流通数も少なめ。

ジップなどはプラスチック系のスライダーに変更されています。

SMALL-REGULAR。

袖口。

60’s U.S. ARMY 2nd フィールドジャケット

米軍実物品の2nd型。

1969年納品。

フロントジップは真鍮製のブラスジップに交換。

襟はアルミのRAPIDジップ。

袖口もそれなりのコンディションです。

民間用 ALPHA M-65 フィールドジャケット ウッドランドカモ

先輩に良い民間だな!と言われ頭は???となりましが思い当たる節はここだけ。

はて。

僕の答えは真鍮製のジップ、ただそれだけですが。。。

正解でした。

襟のジップも忠実でいい作り。

ALPHAタブ。

民間用 M-65 フィールドジャケット ウッドランドカモ

フードのジップが逆。。。

サイズ、素材はバッチリ。

偽りのない力ある”MADE IN U.S.A.”表記。

今の時代、ウッドランドカモは過小評価しすぎかと思いますがどうなのでしょうか。

ちなみに民間のM65ウッドランドカモは2つともライナーがツイル生地。

前述はOD系、後述はカーキ系ですね。

それでは。

また明日もどうぞよろしくお願い致します。

10月8日 70’s 90’s U.S. NAVY A-2 デッキジャケット ご紹介

こんにちは、仙台HOWDYです。

私の好きなサックス奏者であり現在、画家の方が本を発売したので画集だと思って保管用と読む用で2冊6月から予約して先日届いたのですが開けてみたら自伝本で全て英語で書かれていて残念ながら英語読める側の人間では無いため完全にやらかしました。

本日はこちら。

70年代のA-2デッキジャケットとその後継型の難燃素材のアラミド繊維を使用した90年代のA-2デッキジャケットです。

お先に手前から。

70’s U.S. NAVY A-2 デッキジャケット 1974年納品

アメリカ海軍にて40年代から50年代にかけて使われたN-1デッキジャケットの後継モデルのA-2デッキジャケットです。

ベトナム戦争頃から実戦で使われる事を見られるようになりました。

背面にはステンシル入。

刺し口も綺麗です。

U.S. NAVY JACKET,COLD WEATHER (PERMEABLE A-2) KINGS POINT MFG. CO. INC

サイズはLARGEの42-44表記。

通常使用の胸ポケット。

袖のリブはオリジナルですが、ダメージそれなりにございます。

オリジナル重視のオーナーのリペアが入っている為大きく広がることは無いかと思います。

時々ボディが綺麗でも片側だけ無いものもあるサイドアジャスター両方しっかりございます。

取られているものは当時の軍人の方が邪魔で外したのでしょうか。

お次はこちら。

90’s U.S. NAVY アラミド A-2 デッキジャケット 1990年納品

先程のナム戦60年代頃から80年代頃までずっと使われ続けたA-2の後継、アラミド繊維のA-2デッキジャケットです。

ここから艦艇乗組員である海軍らしい色のネイビーに変更されました。

比翼仕立てのフロントはボタンからベルクロへと変更。胸ポケットもスナップボタンからベルクロへ。

JACKET, COLD WEATHER, FLAME, RESISTANT, CLASS 1 TENNIER INDUSTRIES INC

ECWCSのGORE-TEXパーカーも製造していたTENNIER INDUSTRIES製。

シェルは100%アラミドで前の型よりも柔らかく着やすいかと思います。

Medium(38-40)

裏地パイルの抜けは多く有ります。その割にはシェル側は綺麗です。

化学繊維なのでリブにも特に大きなダメージは見受けられません。

比較するとボディの色が大きく変わり、古くても新しくとも良い点がそれぞれあるお2つかと思います。

東北の冬はこれである程度は乗り切れるんじゃないかな、と思います。

それでは。

9月13日 WW2 U.S. ARMY “COATS MACKINAW” M38 M43 マッキーノコート (ジープコート) ご紹介

皆さんどうもこんにちわ。

仙台ハウディです。

本日はこちら。

WWⅡ 30’s ~ 40’s U.S. ARMY “COATS MACKINAW”
M38 M43 マッキーノコート (ジープコート)

米陸軍のジープ乗りが着用していたことから”ジープコート”とも呼ばれていますが資料を見るとM38フィールドジャケットの方が多めに見えるのは気のせいでしょうか。

ということで米軍がパッとした使い道が見つけられずにM43を最後に姿を消した、寒冷地用のコートです。というよりも他により良いものが製造できたので必要無くなった、と言うべきですね。

ジープコートという名称は日本だけのものかと思っておりましたが色々見ていると米国でもジープコートという方がスタンダードなようです。

まずはM1938の前期タイプから。

尿素ボタン

ベルトの裏地はウール張り。
よくよく考えると肌に触れたりする箇所でもないので必要無いんじゃ無いかな?と思うんですがどうなんでしょうか。キャンバス生地の滑りを良くするためだけでしょうか。

蒸れやすい脇はコットン・キャンバス生地。

裏地ダメージ有り。

ミルスペックは擦り切れて判読不可。

チンストラップ。

襟を立てれば見えるギザギザステッチと。

月桂樹ボタンです。

雰囲気はメラミン樹脂。

ベルトループです。ステッチのピッチ狭く分厚くて硬い箇所縫い込むの大変だったと思います。

寒冷地用にも関わらず意外にハンドウォーマーポケット裏地は無し。

M43だとツイル生地になっています。

続いてM1943、マッキーノコートの後期タイプです。

色変わった尿素ボタン。

この年代からシェルはコットンポプリンのおなじみのオリーブドラブカラー。

36サイズ表記。ですが私が持っている後期マッキーノコートよりサイズ若干小さく感じます。

裏地の焼けてしまったような跡。というよりなにか液体が付いて長い年月をかけて生地を痛めてしまったようにも感じます。

チンストラップ。

ギザギザステッチに普通の尿素ボタンです。

袖口にボタン割れとダメージ有り。

裏地は薄手のコットンとウールの2パターンの生地になりました。前期は脇以外全部ウールです。

ミルスペック。

1945年製造。

“Coats, Mackinaw, O.D.”
シンプルです。

かなり急にはなりますが水曜日の15日は店舗お休み頂きます。
それでは。