8月31日 50’s 60’s LEVI’S ショートホーン ギャバジンウエスタンシャツ,他ウエスタンシャツご紹介

こんにちは、仙台HOWDYです。

昨日これ乗っける予定だったんですけどすっかり忘れてたので本日も更新です。

先日マカベさんのHARDCORE関連の展示の際に頂いたので告知させて頂きます。
10月15日、HOWDY向かいのBARTAKEさんにてライブがございます。

フライヤーかっこいい…。

本日はこちら。

50 ~ 60′ LEVI’S ショートホーンタグ ギャバジン ウエスタンシャツ

リーバイスのビンテージギャバジンウエスタンシャツです。

メイン色はブラウン系でかなり細かいレッド×ブルーのボーダー柄。

ドットボタンの石も美しいですね。

ウエスタンヨークのアーチも緩く上品で素敵です。

50 ~ 60’s PILGRIM レーヨンウエスタンヤツ

ピルグリムのレーヨンウエスタン。

丈的にもシャツジャケットっぽく着用しやすいかと思います。

良いバーガンディーカラーです。

トップボタンもオリジナルのベイクボタン。

70~80’s ELY ポリエステル ウエスタンシャツ

アメリカの南北戦争の終わりから10年後ほどに設立された老舗ELYのウエスタンシャツ。

化学繊維なのである程度雑に着ても問題ない楽な一着になるかと。

70 ~ 80’s Rock Mount コットン ウエスタンシャツ

第二次世界大戦終戦の年、街着では当時着にくかったウエスタンシャツをファッションとして着用し易いように作り変えたロックマウント。
言ってしまえば”お洒落”用途で着用する現代ウエスタンシャツのある意味原点かもしれません。

特殊なポケットの形にスクエアボタン。

今ってロックマウント、結構復刻(も最高ですが)の流通数が多すぎて少し古いの探すだけでも一苦労なんですよね。

お店に着た先輩とも話しましたが”あんまこういう生地のやつ無くない?”と言われましたがその通りですね。タグの通りDAN RIVERのファブリック使っているからなのかちょっとドレッシーな感じです。

60’S THOROBRED コットン ウエスタンシャツ

60年代頃のコットンウエスタン。

先程のロックマウントと比べればこっちはどちらかといえば泥臭い”ニール・ヤング系”の雰囲気でしょうか。
泥臭く見えてもとても美しい人です。

織りタグが丸まってしまって上手く撮れず申し訳ございません。

80’s Wrangler ウエスタンシャツ

何気に個人的に好きなラングラーのウエスタンです。

様々な生地で作っている為、何枚か揃えてもいいかもしれません。

羽織りにするのにベストです。

特に普段着用しててウエスタンって料理だとかするとき、ドットボタンなので袖まくりやすくて着やすいんですよね。

それで途中でニール・ヤングについて触れたんですが最近もいろんな意味で話題が耐えないですね。

細かい内容は伏せますが「魂が食われてしまう前にそこを離れろ」って発言自体にワードセンスを感じて余計好きになっちゃいました。

アルバムのHarvestを最近改めて聞き返してHarvestに継ぎ、Heat of Gold聞いてるとやっぱり好きなもの変わらないってとてもステキです。実際この曲作詞してから詞の通り今まで歌っているので”身を捧げて”音楽続けてますもんね。

それでは。