9月21日 51’s U.S. ARMY 最初期型 M-1951 フィールドパーカー フルセット モッズコート 厚手コットンサテン ご紹介

こんにちは、仙台HOWDYです。

モッズパーカーなので改めてモッズについて勉強し直していましたが

https://nagoya.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=8399&item_no=1&attribute_id=17&file_no=1

↑の方の文章を読んで、特に当時の方の話し好きな僕からすると6ページ目のモッズ・リバイバルのイーストロンドン出身の方のことが書かれていて最高に面白いです。
まだまだ勉強不足です。おおまかには言葉が難しくて馬鹿な私には難解です。。。

結局どの時代もリバイバルとして好き者は同じようなことをやっているんだなあと。
消費社会から始まるリバイバルとして、みんな骨董品集めorコレクションをし始めるのですね。

そして、過去に先輩からなぜイギリスで米軍のサープラスが出回ったのか、ということで昔調べたのですが、ヨーロッパの米国空軍(USAFE)の存在かと思います。

https://en.wikipedia.org/wiki/RAF_Burtonwood

1966年からアメリカ陸軍の空軍部隊の補給所として↑のバートンウッドが運営されたことが起因でフランスにあった米軍の物資と装備品も多くイギリスに流入≒放出されたのだと判断しています。
“バートンウッドは、USAF とアメリカ陸軍の装備品と物資を”と記載されている為、陸軍で採用されてたM-51が多く出回った事も納得がいきます。

その為、モッズが仕立てた高価なスーツを汚れから身を守るために当時の答えとしては大量に安価で出回っていたフィールドパーカーを着るという事が最適解だったのかもしれません。

雨でも傘をほぼ持たずにコートで身を守る英国紳士的な精神を踏まえると納得がいきます、

初期モッズは当時の写真からもほとんどM-51を着用しているのでオリジナル意識で言えばM-51、リバイバル意識ではM-65を選びたいところです。

ということで現場からは以上です。

51’s U.S. ARMY 最初期型 M-1951 フィールドパーカー モッズコート 厚手コットンサテン フルセット

M-1951が納入された年の製造年、M-51的に言えば生まれ年の最初期型の厚手コットンサテン生地タイプ。

コットンサテン生地の生地の風合いは最高です。

フードには着脱可能な”コヨーテファー”。

右肘にリペア。

左肩あたりにもリペア。

フロントにはパッチ跡がある為、未使用の状態からのコンディションというよりも実際に使用されていたものかと思います。

TALONのアルミジップ。

もちろん、フルセットなのでライナーも付きます。

この手のパイルライナーだけでもキレイなコンディションの物がなかなか出ないかと思います。

もちろんふわふわです。

1951年5月24日製造。

MIL-P-11013 Q.M.C.

製造メーカーは
DONCHESTER MFG CO

Mediumサイズ。

最初期コットンサテン生地、この後にはコットンポプリン生地、コットン・ナイロンの生地に変わってしまう為に贅沢に着るにはこの最初期が一番かと思います。

着込めば着込むほど生地の風合い増すコットンサテン生地は最高です。

シェルだけの価値ももちろんございますがフルセットでこのコンディションは出回ること極少数である事は間違いございません。

お見逃しのないよう、お願い致します。

ちなみにUKバンドがよく使う”Jimmy”の謎を昔考えていたのですが、ふとした時に映画”さらば青春の光”の主人公の名前だと気づいて頭のモヤモヤ晴れた記憶があります。
意外と単純でした。

それでは。

またよろしくお願い致します。

4月9日 40~50’s ニュースペーパーバック インディアナポリス

こんにちは、仙台HOWDYです。

衣替えシーズンに色々重なり更新が滞り、申し訳ございません。
新しい女性のスタッフが2人入りましたので、そのおかげで時間もでき有り難い限りです。。。

ということで男臭い雰囲気から一転、一人の女性の方も今までよりは見やすくなったかと思いますのでどうぞよろしくお願い致します。

本日はこちら。

40 ~ 50’s INDIANAPOLIS NEWS ニュースペーパーバック

珍しいマチ付きです。

流通数元々少ない中でもいくつかニュースペーパーバック見てましたが、私は初見でした。

元々10oz程度のキャンバス生地だっただろうと推測しますが、使い込まれ洗い込まれ時代と共にすり減り感覚的に8oz程度くらいの雰囲気です。

シミございます。

背面。

こうみるとすごい形ですね。

ここに金具なんかもついているので、鍵とか付けてしまってもいいかもしれません。

そう考えるとかなり便利。

ダメージはございますが、食料など日用品入れるには気にならない程度かと。

化学繊維の生地ではないからこそ、リペアもしやすいと思います。(と、いう考えが安易/甘いかもしれませんが)

このマチのおかげで容量もだいぶ増えてると思います。

スーパーへのお買い物、街ブラでの急なお買い物そんなときにも何も考えずに持てるこの容量のバックが最適解かと自分は思います。

特にフラップなどが無いことによって閉まらないという概念が無いので閉まらないことがない、4次元ポケット的なバック。
*「それ いいすぎ。」

そのくらい便利だということがお伝えできれば幸いです。

しばらくお店に置いてあったバックでしたが、恐らくオーナーが若干値を下げたようなプライスだったのでご紹介しました。

それでは。

また明日もどうぞよろしくお願い致します。

50 ~ 70’s Lee 91-J,POWER HOUSE,Sears,White Field 他インディゴカバーオール ご紹介

こんにちわ、仙台ハウディです。

気持ち早いような気もしますがライナー付多めでご紹介します。

写真に写っていないですがまずはこちらから。

size46! 60’s Lee 91-J インディゴデニム カバーオール ジャケット

リーのインディゴデニムカバーオールジャケットです。

サイズはなかなか出てこない46。

XL相当です。

当時だとスタンダードな13ozのデニム生地ではなく11oz。ですがそれに匹敵するほど強撚糸で独自に開発した頑丈な生地、ジェルトデニムにホワイトステッチ。

50’s White Field レイルマン インディゴカバーオール デニムジャケット

カナダのワークウェアブランド。

胸のタグにも”FOR RAILROAD MEN “とも表記あるので間違いなくレイルマンジャケットです。

有り難いことに内ポケットあるタイプです。

60’s POWER HOUSE “TROY” ライナー付 インディゴデニムカバーオール ジャケット

タグ擦り切れていますが位置とサイズからトロイ社製のブランケットと使っているかと思います。

当時リーバイスなどにも使われていたトロイ社製のブランケット。

インディゴの色残りも写真の通り結構濃い目。

擦り切れてなくなりがちなポケット部分のステッチも残っています。

ただ右ポケット脇にリペア有り。

60’s STORE BRAND “TROY” ライナー付 インディゴデニムカバーオール ジャケット

ひし形ボタン。ストア系ブランドですね。

綺麗に使用しているブランケットのトロイ社のタグも残っています。

60’s Sears “TROY” ライナー付 インディゴデニムカバーオール ジャケット

シアーズ・ローバック、TROY社ブランケット付きのインディゴデニムカバーオールです。

リペアはそこそこ有り、着用に問題ある範囲のダメージはございません。

60 ~ 70’s ELY インディゴデニムカバーオール ジャケット

タグ的には70年代っぽいですがギリギリ60年終わり頃のような雰囲気もあります。

ポケット上に手書きで名前書いてあります。
GLENさんが使っていたようです。

それでは。
またどうぞよろしくお願い致します。

9月16日 AKOM,J.C. Pennys,雪柄他 40 ~ 60’s ビンテージスウェット ご紹介

こんにちわ、仙台HOWDYです。

最近はディラン様も大好きなジミー・リード聞いてました。
2020年の久しぶりのスタジオアルバムの”Rough And Rowdy Ways”でもGoodbye Jimmy Reedで歌っています。

それでは、完全に秋に入り始めたように思うので軽くお店にあるビンテージスウェットをご紹介。
もちろん70~00’sのスウェット・パーカー類も店頭に並べています。

まずはこちらから。

50 ~ 60’s AKOM フリーダムスリーブ ビンテージ スウェット

状態良いフリーダムスリーブスウェットです。

サイズ表記38-40

肩含む袖丈65cm
着丈53cm

40’s 筆記体タグ J.C. Pennys はめ込み 両V スウェット

サイズ表記38

袖口を中心に汚れあります。

上から生地つけただけの貼り付けVではなくご丁寧な2枚生地のはめ込みV。

そして縫い目の無い筒袖のリブ。

驚異の袖のリブは12cm、裾は10.5cmです。袖は一階折る前提かとは思いますが。

肩幅49cm
着丈53cm

50’s SPORTS WEAR ハーフジップ スウェット 背面チェーン刺繍
当時のチェーンステッチによる刺繍。

クラウン社のCCジップ。

プリントは1958と書いてあるので1958年頃に着ていたんですね。

表記はMです。

肩幅53cm
着丈54cm

XL相当 60’s ショールカラー スウェット (AKOM?)

大きめのショールカラースウェットです。

カフェオレのような薄茶の良い色です。

肩幅66cm
着丈58cm

50’s ハーフジップ 雪柄スウェット CCジップ ブラック

1990年から2000年の古着雑誌を見ても3万から5万くらいだとかしていたようですね。

色々な有名人の方も着用していたから高騰したともお話しお伺いしました。
当時まだ私ギリギリ生まれてるか生まれてないかぐらいなので先人の知恵は偉大です。いつもありがとうございます。

ブラックで変な色あせや焼けも無くいい感じのコンディションです。墨黒くらいに退色しています。

肩幅54cm
着丈60cm

基本どれもサイズは小さいですがアイビールック”的”にいうとおかしくないサイズ感だと思います。

それでは。
また明日もどうぞよろしくお願い致します。

9月11日 40’s ~ 70’s PAY DAY,DRUM MAJOR,HERCULES,Lee,Osh Kosh ヴィンテージ オーバーオールまとめてご紹介

どうも皆さんこんにちは!仙台ハウディです。

晴れ日が続いたので昨日の営業終了後夜な夜なお店の板を白に塗りました。

ニール・ヤングの”From Hank to Hendrix”を聞きながらハンク・ウィリアムスからのジミヘン聞きながらやってました。ジャズのフリーセッションのジミヘン凄くかっこいいですがサブスクリプション無いのが残念です。その流れでオーナーにメシオ・パーカーおすすめされたのでずっと聞いてました。おかげで後半戦心荒れずに済みました。

養成しながらやってたんですけど日出ると粗がありすぎることが見えて泣きそうになりました。やっぱり雑な人間は簡単には直らないようです。

ヴィンテージオーバーオールある程度まとまってあるのでご紹介します。

50’s OSH KOSH インディゴデニム オーバーオール

緑タグ。背面プリント入ゴムベルトのいいヤツです。
W40以上あります。

色落ち最高です。

フロントボタンあたりのアタリ、ここにボタンがありますよという意思表示を感じます。

弱くなっている箇所はうちのオーナーの丁寧な補強、リペア入っています。
長く着用できるかと思います。

70’s Lee インディゴデニム オーバーオール ®MR表記入

70年代ものですが安定して人気あるリーのオーバーオールです。

W38ほど。大きめです。女性の方がゆったりとして着用してもかわいいと思います。

大きな汚れやダメージもあまりありません。

60’s HERCULES インディゴデニム オーバーオール

W42ちょいあります。

さっきから数字だけで見るとめちゃくちゃでかいな!と思って低身長165cm、53kgの私が全部着てみたんですけどやっぱりオーバーオールだと全く違和感ありませんでした。というか良いですね。脱ぎやすいし。

写真の通り、色そこそこ残っていると思います。

目立つダメージは右バックポケットの穴。

綿糸の割には結構きれいな状態でステッチ生きていると思います。

WWⅡ 40’s PAY DAY SQUARE BAK インディゴデニム オーバーオール

第二次世界大戦時代。

ペイデイの所謂大戦デニム。

お直したくさんありますがデニム生地と雰囲気は本物です。

リング紡績のデニム生地は使い込めば使い込むほどしっとりとつるつるしたような質感になるように思います。
W38ほど。

50’s STRONG RELIABLE DRUM MAJOR ヒッコリー ストライプ 8oz オーバーオール

シアーズ・ローバック社が展開していたストロングリライアブルの生地が8オンスであることを主張していたラインのドラムメジャー。

そのため。ボタンは”STRONG RELIABLE”の刻印。

汚れありますがヒッコリーストライプのインクの残りも結構あるように思います。

W40ほど。

それでは。
また、どうぞよろしくお願い致します。

9月10日 フルセット! 40’s U.S. ARMY M-1947 フィールドパーカー ご紹介

どうもこんにちは!仙台ハウディです。
急にまた気温が暑くなりましてこの晴れ模様続いて明日は釣りに行く予定でしたがこのご時世で漁港での釣りも禁止なようです。残念です。

本日はこちら。

Korean War 40’s U.S. ARMY M-1947 ライナー・ベルト付き
Overcoat, Parka Type with Pile Liner

朝鮮戦争時代に実際に採用されていたフィールドパーカー。
M-1945から大きく変化した箇所で言うとフードのパイルライナーもボディと一緒に取り外し可能になりました。
空軍タイプ、他米海兵隊にも似たモデル存在します。

40’s U.S. ARMY GI BELT

トラウザーズでも採用されていたGI BELT。

色んな機械を分解修理していたのでこのようなメカニカルなギミック好きです。

真鍮製のTALONジップ。

挿し口もしっかり生きてます。かなり動きはスムーズ。米国の技術恐るべし。
発明家のジャドソン氏の死没約10年後に米軍から大量注文を受けて会社が大きくなったわけですが…

スナップボタンでシェル/ライナーを取り外します。
正直この方が取り外ししやすいですがコスト掛かりそうです。
頻繁に取り外しすることもないことに気づいたので後継モデルだとボタンに変更されたのでしょうか。

サイズはMedium。
言ってもライナーなので前は締まりませんがライナー単体でも着用出来なくはないと思います。

脇ガゼット入っています。袖のリブ小穴アリ。ライナーのパイル抜け写真ほどのものが3箇所ほど。

シェルのポケット。

続いてシェル側のハンドウォーマーポケット。
ウール生地で温かいです。

Mサイズ表記。

大きなサイズの尿素ボタン。欠損なしですべて揃っています。

フードの紐のハトメ部分。

袖口。リペア入っています。

フード部分のスナップボタン部分。

フード部分のスナップボタン部分なんですが皮膚にスナップボタンの裏側が当たらないように処理されています。
ご丁寧な作りです。

フロントのスナップボタンの裏側はそのままむき出し。
製造会社の刻印もろ見えます。

それでは。


おまけ
ステッカーのデザインになりかけたやつです。

自分で持ってる古いパンク誌の一部からデザイン持ってきてジップを60’s U.S.A.F MA-1のGENERALジップにしてやってみたんですが自分で作ったあとにソッコーで却下です。パンクなお店では無いので。

それでは。
明日もどうぞよろしくお願い致します。

9月5日 50’s 国連 スーベニアジャケット 黒別珍 舞妓 昇り龍 マップ ご紹介

どうも皆さんこんにちは。
仙台ハウディです!お天気は連日に続き空は雨模様。
雨が降れば秋が近づくとなにかの曲であった気がしますが思い出せません。

本日はこちら。

SPECIAL! 50’s 国連 スカジャン スーベニアジャケット 黒別珍 舞妓 昇り龍 マップ

舞妓さん、見返り美人図までいかないこの角度。
見返る気はないように思えます。

第二次世界の米国含む国連軍/ソ連の分割占領ラインの38度線。
二色のレーヨン糸の昇り龍。
リバーシブルタイプのYKKジップ。もちろん真鍮製。
B面のフロントに2匹の鷹。
B面のバックには鷹。
計3匹です。

M65のキルティングライナージャケットと同じくキルティングの格子状のステッチは弱く外れている箇所もございます。

B面がレッドのサテンタイプもございますがこちらは定番のシルバー。
黒別珍の生地も弱く右肩あたりにリペアございますが他に大きな裂けは見受けられません。

第二次世界時代から朝鮮戦争にも続いた38度線のライン。市民的な犠牲者はWWⅡやナム戦よりも多かったとも言われている悲惨な戦争であったことが分かります。

それでは、どうぞよろしくお願い致します。